Life Is Changing ...

ktj518.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 21日

レコード日記061。

c0010853_23583922.jpgc0010853_23472992.jpg
c0010853_1494865.jpgc0010853_1427527.gif
1.William Pitt "City Lights" (Jupiter Records) 1987
心にしみるアーバンダンスクラシックス。哀愁系ギターと渋いおやじボーカルがすてきです。明け方に聴きたい。
大好きな曲です。12"やっと買えました〜。
2.Sly Mongoose "Tip Of The Tongue State" (Locarno Records) 2006 [Sample1] [sample2]
Cro-Magnonもヤバかったが、やっぱスライマングースもヤバい!バンドやろうぜっ!!
3.The Celluloid Years (Celluloid) 2006
エレクトリックでファンキーなレーベル、セルロイドのベスト盤。
80sのHip Hop黄金時代が蘇る!
4.Universal Indiann "Phazz Mix" (-) 2006 [Sample1] [Sample2] [Sample3]
高円寺GrassRootsあたりで活躍中のDJ、Universal IndiannのMix CD。
う〜む相当ツボですな、これは。久々にヒット!!!!
個人的には最近のDisco DubあたりとJazzy Sportのいいところが合わさったといった感じ。
Disco Dubほど壊れてなく、Soulfulで落ち着いておしゃれ!?でも、ちゃんと盛り上がる。けどちゃんと落とす。選曲も抜群で最高です。
Grass Roots行った事なので今度行ってみよう。
[PR]

by ktj518 | 2006-03-21 23:45 | music


<< 手塚夫妻・建築カタログ      ふらんそわ >>