<   2005年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2005年 10月 24日

The Rebirth Live @Blue Note Tokyo

c0010853_22592232.jpg行ってきました。ブルーノート。
聞いてきました。The Rebirth。

1F、B1の特に何もない静かな導入を通っていくと、地下2Fには広い賑やかなレストラン。その正面中央にステージ。大人の社交場的な空間。
ちょっと気まずさの中ビールを飲む事30分。
ラフな服装の6人組が登場。
若めのクラブ世代が多いのかなと思いきや、おじちゃん、おばちゃん、家族連れまで幅広かったのですが、アルバムでおなじみの曲でみんなのりのり。曲の構成はライブらしくいろんな所にダンクラのフレーズをちりばめてアレンジしてました。それで、やっぱEvil Vibrationのときはみんなすごかった。
最後のアンコールのときには、"I Heard Music In The Street"をベースに、リーダーの語り→ワン・ツー・スリーというかけ声から"Help Is On The Way"とか"Blazilian Rhyme"とかダンクラ名曲を挟んでいく超絶カバーメドレーでみんなノックアウト。総立ち状態でした。
やっぱバンドはライブで本領発揮するんでしょうね。アルバムやシングルとはグルーヴが断然違いました。まいった!!!
[PR]

by ktj518 | 2005-10-24 21:23 | music
2005年 10月 20日

レコード日記042。Listen!

c0010853_00595.jpgRaul Midon "State Of Mind"(Toshiba EMI) 2005
[Sample 1] [Sample 2] [Sample 3]
驚異の盲目のギター&ヴォイスプレイヤー。アレサ・フランクリン、ノラ・ジョーンズなどを手掛けたグラミー賞プロデューサー、アリフ・マーディンと彼の息子ジョン・マーディンのプロデュースで、スティーヴィー・ワンダー、ジェイソン・ムラーズら豪華ゲストも参加。
ギター・ヒーロー、ジェフ・ベックから「とてつもない才能の持ち主」と称賛され、各新聞に”巨匠”と言わしめたオーセンティック・パフォーマー。(←引用です) ※Sample 3はそう!あの曲。
[PR]

by ktj518 | 2005-10-20 23:59 | music
2005年 10月 16日

レコード日記041。

c0010853_14534321.jpgc0010853_14551523.jpgc0010853_23365971.jpg

1.VA "The Timeless Interpretations" (Timeless Records) 2005 [Sample]
ダウンテンポな4つ打ちにも合いそうなジャジーブレイクビーツ。細かい事は全く分かりませんがPharoah Sandersの"Africa"という曲のカバーみたい。渋いです。
2.African Head Charge "Ready You Ready" (ON U Sound) 2005 [Sample]
ゆる〜いトロピカルテイストのダブです。最近ゆるいのばっかり聞いてます。
3.Common "Be" (Geffin) 2005 [Sample1] [Sample2]
巷で大ヒット中のアルバム。ソウルフルなHip Hopです。メローでカッコいいですね〜。通勤中にipodでヘビープレイ中!インストLPも出ているみたいなので、そっちも欲しいっす。
[PR]

by ktj518 | 2005-10-16 15:01 | music
2005年 10月 10日

ADD 2nd Anniversary

c0010853_2291117.jpg行ってきました仙台。
1日目はFrancois.K、2日目はTheo Parrish
ということで、全国的にみても好きな人にとっては超ホットなスポットだったのではないでしょうか?

そしてやっぱりやってくれましたね〜、セオパリッシュ。期待どおりでした。
ChubachiさんのJangle Feverの流れをうけてのSoul R&B Jazzあたりのときとかホントヤバかった。そっから他人がまねようにもマネできない。独自のブラックワールドへ!!
体で低音を感じて、後頭部をトトトッみたいな!?音で攻められ、Jazzのドラムばりの!?強烈なハイハットで脳みそを刺激されるという、ヤバ〜いプレイでした。

私事ですが、死ぬほど聞き倒したLive in DetroitとMethod Of MovementというMixテープ。(今はDeep House Pageできけます。)'99年に何の気なしに買ってみたこのテープからはや6年。願いが叶いました・・・。

プレイうんぬんよりブラックミュージックに対する姿勢が伝わって、超かっこ良かったです。

サポートDJのみなさんADDのみなさん、お疲れ様でした!
[PR]

by ktj518 | 2005-10-10 21:40
2005年 10月 04日

レコード日記040。ソウルフル

c0010853_034381.gifc0010853_035398.jpg
1.7 Samurai "Marvin & Stevie" (G.A.M.M) 2004 [Sample]
Mavin Gayeの"I Want You"のボサノバカバー収録という事で話題になっていましたが、ちょっと見ないうちに品切れ店続出で買えませんでしたが、やっと買えました。
オリジナルをうまくアレンジ。このレーベルのカバーセンスにはいつも脱帽です。
2.Yam Who? "Wrap You Up" (Ubiquity) 2005 [Sample]
Edit職人Yam Who?のオリジナル曲。ソウルフルかつファンキーなブギーチューンといった所でしょうか?サビの部分では思わず体を揺らしてしまいます。こちらもカバーみたいです。
おもえばこのレーベル、Nu Jazz時代のNew Latinairesシリーズから始まりましたが、最近はよりブラックネスにずいぶんと貫禄がでてきましたね。
[PR]

by ktj518 | 2005-10-04 00:06 | music
2005年 10月 02日

Theo Parrish Japan Tour 2005

c0010853_0444034.jpgもう回してるだろ〜な〜。
仕事のためyellowにいけず・・・無念・・・・・。

でも来週仙台まで行くしいいか・・・。

さて、しごとしごと・・・・・。

それにしてもこの東京版フライヤーかっこいーな。
[PR]

by ktj518 | 2005-10-02 00:47 | music
2005年 10月 01日

久しぶりに建築ネタでも・・・

仕事でとある建築家さんと都内建築めぐりツアーをしてきました。

■坂茂「羽根木の森」

世田谷の住宅地に佇む集合住宅。もともとの森をのこして、建物を建てるというコンセプト。
1Fはピロティで、各住戸のエントランスと小さな部屋のみがあり、2、3Fには住戸のメインスペースという構成。建物には多くの穴(ヴォイド)があいていて木が貫通しています。そこから光も入ってきて、1階部分は結構気持ちのいい空間。1F部分の各住戸のエントランス部分にはミラーガラスになっていて、まわりの緑を映し出して、ビロティという人工物の感じや狭い感じが全くなく、地面もオガクズをまいたように柔らかく、ホントに森を歩いているような感覚になります。じっさいクリエーターの人が1Fの小さな部屋で仕事をしていましたが、静かな森の中で仕事をしているような、落ち着きそうな雰囲気でハマってました。

c0010853_14245428.jpgc0010853_14262246.jpgc0010853_14253279.jpg

■長谷川逸子「SN ハウス」

こちらは↑に比べると都市型集合住宅。がちっと高密に積み重ねたヴォリュームの中心部に2×2mくらいの吹き抜け+共用部がばっちり生きてます。
吹き抜け回りにぐるぐるっと階段が巻付いて、そこから各住戸へのアルコープが出て、エントランスという明快な構成。アルコープの奥行きの深さもよく、仕上げも階段部と変えており、占有感があるかんじ。そのせいか住人は思い思いにアルコープにモノをおいていて、住人のライフスタイルがかいま見れてよかった。

c0010853_14272639.jpgc0010853_14273834.jpgc0010853_14275314.jpg


■泉幸甫「アパートメント傳」

泉幸甫さんという建築家を僕は初めて知ったのですが、結構有名みたい・・・。勉強不足でした。この「アパートメント傳」は3棟の建物が中庭とそこへのアプローチを形成するように配置されている。一見古めかしいとおもえる外壁の仕上げは土壁みたいな質感で、なにかいろんな天然素材を練り込んでいる。中庭の緑との対比が美しい。全体的にノスタルジックな雰囲気でキリコの絵を思い出してみたり・・・・。
さらに中庭に面してカフェがあるのですが、そのカフェの壁面には丸い小さなガラス塊がうめこまれており、内部に入ると、外部との空間のギャップと演出におおっ!と感動。こし壁に鮮やかな色を使っていたり・・・ニクいです。
すべてにおいてスケール感が抜群で、肩肘張らず、とても落ち着く空間でした。この建築家要チェックやで〜。

c0010853_14293541.jpgc0010853_14294564.jpgc0010853_1430658.jpg
c0010853_14302093.jpg


■内藤寛「ちひろ美術館」

画家、いわさきちひろの美術館。生涯子供の絵を書き続けたそうな。水墨画のような絵の具使いでみずみずしい、やさしい絵です。
さて、建築ですが、事前にみた図面の印象では複雑なトンガッタ形のヴォリュームが複数敷地におかれており、絵の印象とのギャップが否めなかったのですが、実際に訪れてみると以外にも、いいじゃないですか!住宅的なスケール感におちつきます。図面からは複雑そうに見える内部空間も、いがいに明快だし。建物の余白としての庭もいいスケール感。素材もいい感じ。
絵をながめながら、なんかずっと佇んでいたくなります。図書室では子供がいわさきちひろの絵本を一生懸命読んでいたりして、やさしい気持ちになる系でした。
いわさきちひろのグッズも販売しているし、カフェもあるし、デートに最適ですよ〜。大人は入場料800円、高校生以下無料なり。

c0010853_14313273.jpgc0010853_14314499.jpgc0010853_14315816.jpgc0010853_1441203.jpg
[PR]

by ktj518 | 2005-10-01 13:59 | music