<   2006年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2006年 11月 24日

レコード日記073。

しばらくレコード買ってもあんまりまじめに日記つけてなかったので、復活させようと思います。

c0010853_121444.jpgc0010853_201029.jpgc0010853_1251268.jpg
c0010853_1424017.jpgc0010853_210286.jpgc0010853_219295.jpg
1.Henrik Schwarz "Imagination Limitation" (!K7) 2006 [Sample]
Strange beautiful deep houseといった感じ。
2.Alice Smith "Love Endevour" (BBE) 2006 [Sample]
これもStrange beautiful deep houseって感じ。孤高の天才モーリスフルトンリミックス!
3.VA "Buzzin' Fly Vol.3 : The Special Remixes EP" (Buzzin' Fly) 2006 [Sample]
ちょっと前の盤。
今年の夏のPS1 Warm UPでクラウドが雨の中びしょぬれでガンガン踊ってたのを思い出します。find it, keep it.....って声とシンセのリフで完全にもっていかれます。
4.Kool DJ Dust "The Disco Opera EP" (High Feelings) 2006 [Sample]
わりとここ1年くらいでDisco DubやItalo Houseといわれるシーンがマンネリ化してきた感がありますが、割とその中では”リアル”な感じがします。
5.Manmade Science" Just Tell Me When" (Philpot) [Sample]
黒くてちょいデトロイトなハウス。ディープだけどカッティングギターでついついノッてしまう感じです。
6.Joe Coleman "Get It Off The Ground" (Jazzman) [Sample]
レアディスコ再発だそう。ソウルフルでなかなかいいですね。
[PR]

by ktj518 | 2006-11-24 01:26 | music
2006年 11月 23日

レコード日記072。チャーリーブラウン

c0010853_319961.jpg
Vince Guaraldi Trio"A Charlie Brown Christmas"1965 [Sample1] [Sample2]
タイドルどおり、スヌーピーのチャーリーブラウンの名を冠したジャズ・クリスマスアルバム。1965年の作品!
以前どこかで見かけて気になっていましたが、今年は購入。
CDとLPどっち買うか迷いましたが、あえてプチプチってノイズが入ってほしいから、LPにしました。
これからの季節、お子さんのいる家庭や友達への粋なプレゼントにいいですね。
[PR]

by ktj518 | 2006-11-23 03:35 | music
2006年 11月 22日

The Corporation

c0010853_4575441.jpg大企業に憧れる人。
プランドもの大好きな人。
広告やマスメディアに踊らされやすい人。
もしくはそういう企業で働いている人。

いや、現代社会に存在している人はみんな。

見た方がいい、、、と思います。
世の中何が本当か?今見ている現実は現実か?信じるべきものはなにか?

このドキュメンタリーはけっこうエグイ内容だが、直視しなければ・・・。
今世界中で起きているあらゆる問題の根源が描かれている気がします。
[PR]

by ktj518 | 2006-11-22 04:58 | others
2006年 11月 19日

レコード日記071。

c0010853_18543249.jpg
DJ Harvey / Close to the Edit Pt.1-リ・エディットの歴史 (Razor) 2006
しばらく前にBlack Cookが全部再発になるらしいという噂が流れて、そのあと中止になったらしいという噂が流れた。あれから早2年くらい経ちましたが、Black CookのデジタルリマスターのCDがでました。涙ものですね。ブートだけど、わりとジャケとかしっかりしてます。
とにかく、でかした!はやくPt2でないかな。
[PR]

by ktj518 | 2006-11-19 18:00 | music
2006年 11月 19日

けんちく世界をめぐる金融のはなし

c0010853_1615287.jpg「けんちく世界をめぐる10の冒険」
伊藤豊雄さんの一般の人にも分かるけんちく本。
建築ではなく”けんちく”としているところがかわいらしい。ジャケもかわいらしい。
内容もかなり読み易く、最近のプロジェクトについてざっと把握する事ができます。しかも超短時間で。(僕は1日の通勤の電車でだいたい読めました。)
だが一般の人が読んで分かるかと言うと?なかんじ。

そのなかにハッとする内容がありました。

施主やデベロッパーが建築家にデザインを依頼することで建築設計の仕事は発生するのだけれども、出来上がった建物が証券化し、そのデザイン性ゆえに高値で取引されているという事について伊藤さんはびっくりされたそうです。
もうすこし噛み砕くと、最近は建物の所有と利用を別々に考えることが多く、施主は建物の使用権を維持したまま建築を売っている。建築家の建物を商品として利用しているケースがあるということ。でも建築家は施主のため、社会のモラルのために設計している訳であって。。。という矛盾が生じている事。

ぼくら企画の人間は物件の企画を立てるときに、事業収支を組む訳だけれども、建物をファンドに売却するというスキームを取り入れている。別に、建築家のデザインを売り物にしようとしている訳ではないが、むしろ企業体力のない会社で良いモノを、都市を豊かにするものをつくって運営していこうとするには、このスキームが無いと成立しなかったりする。

このことは建築家の側に立つと「ふざけるな」と言う事になるかもしれない。(まだそういう声は聞かないが。)というか、もしかしたら建築設計者は金融のしくみについてまだ、あまり理解されていないのかもしれない。

ファンドによる売却益を多少、建築家に分けられないだろうか?(もしくはそれを見越して設計費を数%多くする。)そうすべきだとおもった。
日本の建築設計に対するフィーはその労働の過酷さに比べて非常に少ない。そんな現状も、ファンドの仕組みをみんなで共有し、理解すれば、打開できてもう少し設計者にお金が行くのではないか?施主やデベだけが開発益をいただくのはたしかにおかしい。(建築家のデザインの付加価値分も利益を得ているわけだから。)
少なくとも自分が抱える物件では頑張ってみたいとおもう。

ついでに、建築家がファンドのスキームを取り入れながら、自分の設計の仕事を生み出していくスタイルの設計事務所が近い将来登場してくるとおもしろい。新しい建築家像として。
[PR]

by ktj518 | 2006-11-19 16:34 | book
2006年 11月 18日

レコード日記070。

c0010853_14363365.jpgc0010853_14364712.jpgc0010853_14384848.jpg
1.Lindstrom"It's A Feedelity Affair"(Lexington)2006
割ともってる曲ばっかりだけど。。。。アルバムでたってことで。CD購入
ちょっと曲短くなってるやつある!?やっぱアナログかなぁ。
2.Henrik Schwarz"DJ Kicks"(!K7)2006
やっとこさ買いました。あいかわらずすごいねこの人は!
3.VA"The Greatest Hits of GAMM"(GAMM)2006
主要曲もってるけど・・・。
著作権で訴えられて、販売中止になる気がするから一応買いました。
[PR]

by ktj518 | 2006-11-18 14:29 | music
2006年 11月 04日

アートいろいろ

今日は休みなので、会社の先輩といろいろとアート巡りをしました。

c0010853_2233751.jpg
c0010853_22171379.jpg
まずはHenk Visch@森山邸
知る人ぞ知る彫刻家とでもいうか、でも建築好きならきっと見た事ある彫刻家(レムのクンストハルという美術館のエントランス上部のらくだの彫刻をやってる人)が西沢さん設計の森山邸でひっそりと行っている展覧会にいってきました。
キモかわいい彫刻が、あの分棟型の住宅のそこかしこにおかれていて、キモかわいかったです(笑)。個人邸のため、今回一般公開はしていませんが、この作家の展覧会があったら是非足を運んでみて下さい。遊び心があって、たのしいです。
初めてアート作品が欲しいと思ってしまいましたが、貧乏なので買えるはずも無く。。。。

森山邸自体もとてもおもしろかった。個人邸といいながら、分棟なので、人に賃貸としてかしているのですが、そのコミュニティがぶっ飛んでいた。とある箱に住んでいる女性が「鍵明けとくから、中見ていいよー、じゃーねー」って・・・・。いくら(先輩が)別の箱に住んでいる住人の知り合いだからとはいえ。。。オープンすぎじゃ・・・。でも、しっかり見させていただきました。
なんか懐かしい?新しい?人間関係が存在しているなーと関心。
あとボックスの配置がやっぱ絶妙で、プライバシーも割と確保されていました。

次に100% Design Tokyoを見に、外苑にいきましたが、2000円という値段を取られた割にはおもしろくない!?ってちゃんと見てないかもしれませんが。。。。

c0010853_2225680.jpg
そのあと疲れ気味でDesign Tideの本会場へ、ここでは面白いアートにであいました。
Philip Worthingtonという人の『Shadow Monster』という作品で、人の影がモンスターに変化して動くというもの、ガーとかピーとか効果音もでてきます。
純粋に楽しい。大人げなく何回もやってしまった。
これつくった人PSPとかも監修したりしているみたい。
これは一家に一台!?ほしいっす!!!
[PR]

by ktj518 | 2006-11-04 22:04 | others